2016年09月04日

原発とリニアの酷似性

原発とリニアは、国策民営事業ですが、実態は酷似していますね。、
原発とリニアは、危険性と、国民の不安、懸念が大きく、事業者が「不都合な真実」を隠し続けていることも酷似しています。
「未知の危険性」による危惧感説にもとづき、リニア訴訟でも、愚策な国策民営事業を止められる!と社会に強く訴えるべきと痛感しています。皆様からご意見もいただきたいです。

1 「未知の危険性」が国民に不安、危惧を蔓延。許されざる危険が共通です
1)原発: 多数の人の生存を脅かす
・あの福島原発の大きな被害は、決して忘れられず、許されない人為的な災害
・科学技術への過信による「安全神話」とされて、3.11まで政治家も国民も騙されていた
・人々の「安全安心」の希求と健康と生活を守らなければならない。
・地域住民の人格権、生存権を脅かしている
・放射能廃棄物を適正に処理できず、原発被災地を「戻れない、住めない町」にしてしまった。
・廃炉の適正な処理方法、場所、費用について国民に情報を開示する義務を果たしていない

原発が立地する各地において、また国民の多くが原発に対して不安、懸念、危惧、怖れを抱いています。
リニアについても、同じようなリスクが盛りだくさんです。明日は、リニアについて述べます。
人々が元気にふれあいできるように!
街中プラザ「いきいき村」にもお立ちよりください
posted by 富士川町議員 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

国会議員超党派12名がリニアルートを視察

8月31日、公共事業チェック議員の会が、山梨県の実験線大月からトンネル工事を始めた早川町までを施設する。共産党7名、民進党4人、日本維新の会1名で、国策民営事業の現場にて、不安と苦悩の実情について沿線住民の声などを聴取する。
リニア事業が国を訴える行政訴訟事件となり、また、財政投融資3兆円もJR東海に融資する事案などを控えて、ようやく民進党も動き始めた。
実験線による出水、水枯れ、日照被害、中央市での立木トラストや、南アルプス市での地区を挙げた反対運動、富士川町での高架橋予定地やトンネル坑口予定地また、早川町の糸魚川断層露頭などを視察する。

リニアの必要性の是非や、国民生活と国の将来への(悪)影響の大きさについてさぞ衝撃的に見学されると思う。
posted by 富士川町議員 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

たばこ税の引き上げを 財源その3

自民党の受動喫煙防止議員連盟は、2016年度の税制改正でたばこ税の引き上げを求めた。
1箱430円を「1箱1千円とする」増税案もでた。
公共施設などでの分煙と、受動喫煙による健康被害防止につなげる基本法の骨子もまとめ、
次の国会へ提出されるのか?
葉タバコの生産農家が受ける影響もあり、さて、どこまで本気で、できるかどうか?
値上げにより、たばこを止めて、医療費の削減にもつながるので、ここは「煙に巻かないで」、
2段階、3段階での具体化を真剣に目指してほしい。
たばこは、必需品ではなくて、奢侈品である。
喫いたい方は高価になっても、たばこ税のお役立ちも考えながら一服をどうぞ。
街中プラザ「いきいき村」へもお立ち寄りください
posted by 富士川町議員 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

身を切る改革を 財源確保その2

この5年間では、国会議員は身を切る改革をどのように行ったのか?
議員数の削減はしばし年月が掛かるようだ。
「国民と痛みを分かち合う」ために、議員のやる気次第でできる「文書通信交通滞在費」を削減できませんか?。
「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律第9条」に定められ、議員は月100万円を非課税で得る。
報告や公開の義務がない。「第2の給与」といわれ、「50万円で十分」という声もある。
与野党が知恵を集めて、先ずこの歳費・手当等について改革できませんか?
与野党議員が角突き併せて検討して、1次案、2事案などを提示できませんか?!
政治家は、国民に対して経費削減の規範を見せていただけませんか?
全ての国会議員には、率先垂範のリーダーシップと提案力を期待しています。

街中プラザ「いきいき村」にもお立ち寄りください
posted by 富士川町議員 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

野党連携

野党連携は、一定の評価だったか?
かなり評価して、今後とも、野党連携の確たる方針・政策を打ち出すべき!
・これからも 共闘なくして 野党ナシ
・大方向 国民目線 民のため
・猛省を きっちりしよう 期待担って
・民進内 議論提案 力増せ
・国づくり 野党連携 試される
・国民と ともに進める 実行力
posted by 富士川町議員 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

首相の政策評価は15%

が、野党に魅力がなかったが71%。
朝日新聞は今回、携帯にも電話して世論調査したので若年層の意見も相当反映しているようだ。
社会保障と経済・雇用の関心が高かった。
しかし、野党からはパンチの効いた政策・対案の訴えが弱かった。
今後、オール野党の基本の枠組みにおいて、自公民と対峙して、
「国民のために進む政治、人々と地方にやさしい政策」をきっちりと拡充して提案力・実現力を発揮して欲しい。
posted by 富士川町議員 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

参議院選挙 投票率54.7%

国民の45%は投票しなかった。
18歳の投票率は約51%、19歳は何と約40%だった。
なぜ? 国民と若者はこのように政治に無関心!
政治に期待していないのか?
社会参加に後ろ向きなんだ?
自らの無力感も抱いているようで、社会的に問題が大きい。

これで1億総活躍に向き合い、国づくりにできるのか?
くらしや地域づくりの問題に取り組むために、下地があるといえるか?

政治のあり方が、根本から問われている。
はて、政治家は、国民と若者らの立場、目線に立って、
深刻な社会問題の解消のためにどのように着手実行するのか??
街中プラザ「いきいき村」にもお立ち寄りください
posted by 富士川町議員 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

人に投資、内需の拡大を

・新3本 円高なれば 的どこへ?
・内需でしょ みながゆたかさ 実感を
・円高で 物価下がって 消費旺盛

・食とエネ コスト下がって メリット大
・大手さん 内需拡大 目指しません?

・おらが国 円が強くて 民ゆたか
・内需から 成長・分配 好循環

・人財が 日本の強み 拡充を
・本腰を 規制緩和と 改革を
街中プラザ「いきいき村」にもお立ち寄りください
posted by 富士川町議員 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

民の力よ、前へ前へ進め

今、山梨では、静かなる新しい風が吹いています
不安のない、清新で、人々にやさしい政治にするために
怒涛の風を吹かせて山を動かしましょう!
そう、今こそ、
老若男女のゆかいな仲間たちが、気持ちと力を合わせて、民の力を前へ前へ進めです!

posted by 富士川町議員 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

政治って清く正しくあって欲しい

・都知事とは またいいかげん 方でした?
・マスゾエさん したこと話せ ウソつかず
・いいのかな 裏と表を 使い分け
・民くらし 現場視察し 学びなさい
・こんなんで 俺らの未来 託せるか

・幸せと 安心つくるが 政治なり
・大多数 声なき人々 声上げよう
・みなの衆 政治を身近に 立ち上がる
ラベル:都知事
posted by 富士川町議員 at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

日曜議会

富士川町議会では6/12に日曜議会を行い、「一般質問」を行います。
多くの若い世代や、老若男女のみなさんに傍聴していただきたいです。
議員が、どんな施策について町を「元気に明るくしようと」質問して、町当局がどのように答弁するのか、聞いてください。
翌日の13日(月)には、「質疑」として、町当局が議案提出した内容に対して、議員が質問して、町が説明答弁します。こちらもお勧めですよ。
町政の取り組みと課題に関して身近に感じていただきたいです。
おらが町のさまざまな問題点について理解して、地域づくりや未来づくりのためにも、
その一歩として議会の傍聴にお出かけして欲しいですね。
posted by 富士川町議員 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

山梨県の「出張講座」にご参加を!

県の「出張講座」にご参加を!
峡南地方と町の活力を願いながら、県副知事と意見交流を行います。
峡南地方のリンケージ人口増加のために
交流の推進と女性や若者の活躍の振興策


5月26日(木)19時〜21時 
会場: 富士川町 道の駅南棟 防災会館2F

定員: 100名
 次のテーマに関してご説明をいただき、意見交換を行ないます。
*県の人口減少対策について
*女性や若者の活躍の推進策について 

山梨県は、ダイナミック山梨総合計画を通じて活力向上を推進しています。
市町村でも総合戦略のもと、まち・ひと、しごと創生に取り組んでいます。
県と地域の人々が、現状と方向性について理解を深めることが第一歩として重要です。

地域づくりには環境の変化にどのように対応していくべきか、実行力が求められます。
行政の方針と施策について理解と協力を通じて、町づくりの具体化が試されます。

新井副知事からご意見を拝聴し、意見交換の機会を設けました。
峡南5町は、県とも連携を高めながら、“地域全体の発展”がどのように具体化できるか!
女性や若者の知恵や力を積極的に活用しながら、地域の力を向上させたい!
地域の生産力・消費力を高め、情報発信や観光入込み客を増加させるような
“地域経営力”が試されています。

町づくりに「協働」で取り組んでいけるようなきっかけにしたいと願っております。
若い世代には奮ってご参加いただき意見交流したいと思います。

共催: 峡南地方の明日を考える会
    街と人々が元気に! 街中プラザ「いきいき村」
     http://ikiiki-mura.seesaa.net/ Tel: 0556-48-8177 
ご参加できる方は電話をお願いします。



posted by 富士川町議員 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

原子力発電について 考えてみましょう

・原発は 今やお荷物 重いツケ
・責任を 電力もてるか 未来にも

・アフターの 費用負担を 開示せよ
・日の当たる 良いことばかり 報道すな

・規制委は 原発近くに 常駐を
・全概容 示せ示せない 不都合多く
・天災に 人命安全 保証でき?
posted by 富士川町議員 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

TPPについて功罪を考えてみましょう

・TPP 国の食料 守れるか
・食料の 生産安定 基本でしょ

・考えよう 関税障壁 必要性
・世界との 壁なき競争 危機招く

・国会で 裏と表を 使い分け
・それはない 情報データ 真っ黒に
・示すべき 利益不利益 適正に
ラベル:TPP 関税障壁
posted by 富士川町議員 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

天災地変の怖さ

天災地変の怖さについてもっと認識して対応しなければ!
・おらが国 どこに起きるか ひび割れが
・温暖化 天地の怒り 人類に

・見極めよ 地震豪雨の 恐ろしさ
・資源より たいせつなこと 地球保護

・耐震化 道路橋梁 古民家を
・新設より 公共施設 保全措置
posted by 富士川町議員 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

アベノミックス3本の矢はどこへいったやら?

経済とくらしはトリクルダウンでなく、一体的に真の豊かさをもたらさなければ!
・大手でも いよいよ赤字 四苦八苦
・期待感 もてずに投資も できんでしょ

・安心感 ないので蓄え タンスにと
・消費者の なぜ増すばかり 不安感

・今求む 人にやさしい 政治家を
・あべミクス オール見直せ 不発にて
・在野にて アベコベミクス 猛省を
posted by 富士川町議員 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

TPPについて身近に考えよう

TPPについて身近な問題として真剣に考えねば!
・ 国づくり 主役は民だ 声上げよう
・よくないネ 世界に迎合 民忘れ
・TPP トップパットも ピントずれ
・内需でしょ 生産需要の 活力を
・農林業 国内生産 底上げを
・食えるよう 農業漁業 増産を
・遊休地 使いこなそう 総活用
posted by 富士川町議員 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

TPPについて身近に、真剣に考えよう

TPPについてもっと身近な問題として真剣に考えねば!
・ 国づくり 主役は民だ 声上げよう
・よくないネ 世界に迎合 民忘れ
・TPP トップパットも ピントずれ
・内需でしょ 生産需要の 活力を
・農林業 地域の力 底上げを
・食えるよう 食料増産 自力つけよう
・遊休地 使いこなそう 総活用
ラベル:TPP 内需 農林業
posted by 富士川町議員 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

政治に信頼がおけない困った世ですね

・民主役 格差広まり どこ行った
・困りもん 社会マイナス アベコベに

・世の中の アベコベミクス 不安増す
・黒塗りの 裏工作で いいのかな?

・先生方 車も変えよう 白塗りに
・基本でしょう 世のため人に 尽くすこと

・信頼と 信用戻せ 国会から
・今求む 清く正しく 美しく
posted by 富士川町議員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

不安な世になっています 

ほんとに犯罪が多くて、不安な世になっています 
・こどもらの 安全安心 登下校
・こどもたち 遊び学びも 管理され
・懐かしい 自由気ままに 遊びまくり
・遊んだね タテヨコななめ 時忘れ
・ナゼ増えた いじめ弱者と 離婚自死
・弱者ゼロ 格差をなくし 国ゆたか
・みつめよう 富と社会の ゆがみひび
・一人でも 今はいいけど 晩年は?
posted by 富士川町議員 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

富士川町議会 28年度予算に関する質疑

新ますほ児童センター予算 修正案を提出
新児童センター移転に関する調査設計業務委託費1569万円を減額する修正案を提出して
原案に反対した。理由は下記のとおりである。

1. 十二分に慎重に多面的に検討するべき:(決め方、進め方)
1) 現在地より近くにする」ことを原則として、時間を掛けて広く慎重に検討するべき。
2) 町民と議会においても検討が不十分であり、拙速な予算承認には反対する。
 「町の候補地選定や、移設工程表が先にありき」であってはならない。

3) 検討委員会が3回目が3月28日に行われた。協議内容について考慮することが望まれる。
4) 会議録も公開して町民とともに情報共有を通じて検討されるべき。
 閉ざされた委員会の状況では、町政運営にとって好ましくない。

5) “利用される保護者や子どもたちの切実な意見”をも十分に広聴して進めるべき。
 町民本位での検討と、町政に円滑に反映されることが肝要である。

2. 候補地は安全性と適地の重要性について検討するべき:
1) リニア路線の北側に位置する候補地は、10年間ものリニア工事中、極めて危険である。
 完成後は高架橋下30mを横断するので安全性に全く不適である。
2) 保護者会のアンケートでは、「子供たちの移動の安全を第一に考えて欲しい」として、
 今より近い場所の希望が多くあった。
3) 利用者は30年度までには約2000人が増える見込みで、利用しやすい適地が要望されている。

3月28日(月)に3回目の検討委員会が行われました。
さて、その会議録はいつ公表され、どんな内容でしょうか??
注目しましょう!
posted by 富士川町議員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

国会の先生が率先垂範で行財政改革を行わなければ!

・どこ行った 身切る改革 財政規律
・阿部ミックス 責任忘れ 国債増
・日銀に ドサリ国債 山と積まれ
・金利上げ 音も上げるカナ アベ黒田
・ツケ回る 民はいつまで 黙っとらん
・台所 国もくらしも 火の車
posted by 富士川町議員 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

富士川町峡南医療センターの経営改善計画を発表 

峡南医療センター 経営改善計画を29年度には黒字化を発表(3月2日)した
           単位:百万円 百万未満四捨五入
       H28  H29  H30  H31  H32
営業収益 4,146 4,169 4,166  4,174  4,146
経常利益予想  -231   8   41   10   41

今回改善計画の主な内容:
 1)市川三郷病院で28年度は一般病床50床で行う。
 2)  同 外来透析を現状のまま行う。
今後とも、事業部門別に目標、実行の状況を明らかにして、地域医療の期待に応えていただきたい。
posted by 富士川町議員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

富士川町議会 一般質問その4

ホームページ 質・量の改善を!
問 昭和町のページ案内では、「一人の声、よくあるご質問、区からのお知らせ、議長の所感」という
ページもあり、トップページは一覧性があり、町民が分かりやすく、使いやすと感じる。
富士川町のホームページの利用を高めるための、改善対策は?
答 トップページや全体構成をできるだけシンプルにし、利用者が求めている情報を容易に取得できる
ようにする。
また、動画やフェイスブックを導入して、アクセス数の増加につなげる。
見やすく、わかりやすいホームページの運用に心掛け、開かれた行政サービスを推進するため、多くの情報を
積極的に発信していきたい。

川口 町の魅力を探してもらう、関心ある分野を見てもらうなど使いやすさ、情報の深さも求められて
いる。近隣市町村、県とのリンク集を張り付ける、区や団体のお知らせも載せて、情報の質量を拡充
するように、具体化をお願いしたい。
地域の情報発信力、経営力が、ホームページなどを活用した情報戦略により試されている。
posted by 富士川町議員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

富士川町議会一般質問 その3

広聴広報活動を推進してパブリックコメントの活発化を!
答 平成26・27年度、地域防災計画、子ども・子育て支援事業計画、第2次高齢者福祉計画・第6期介護
保険事業計画、人口ビジョン・総合戦略の4件でパブリックコメントを募集した。
うち、1件のみ意見があった。
現在、公共施設等総合管理計画、男女共同参画推進プランについて募集している。

川口 パブリックコメントも、非常に少ない。
これまでは、広報の観点で、会議が公開されなかったこと、また、答申や提言書が半年後に提示されるとかも一因といえ、「閉じたような町政運営」であった。
今後は、行政と町民とは“対話型で双方向の取り組み”できるよう改善を期待する。

町民が町政について、理解して考え、参加することを通じて、合意形成していくことが求められる。
行政の情報や会議録も発信して、一緒に考える地域懇談会の場なども積極的に開催するよう要望する。
posted by 富士川町議員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

富士川町議会 一般質問その2

検討委員会など今後、公開(傍聴できる)! 会議録は即時開示に!

問 委員会は、町の未来について議論する場であり、行政と町民との問題意識や、
 方向性の一体感、連帯感を持てるように、努めて欲しい。
 会議録や提言書が開示されていない検討委員会について伺う。
答 検討委員会や策定委員会の13件において会議録を「公表をした、今後公表する」は2件。
  今後、許可・認可等の審査、行政不服審査などを除き、原則公表する。
  審議会などの会議は、施策の企画立案などに重要な役割を担っている。
  そのため透明性や公平性を確保するために、町民が参加できる環境を整えることが重要である。

問 公開される会議に傍聴できない町民のために、
@議事録の会議録をその都度、ホームページで公表、
A町民が情報を適時に共有できるよう求められている。見解を伺う。
答 会議運営には透明性を確保して、審議状況を明らかにし、町政に対する町民との協働の推進を図る
ため、会議録の公表は必要であり、今後は会議終了後、速やかにホームページでの公表に努める。
川口 今後は、「開かれた町政運営」を通じて、町民と協働の取り組みが推進されるように期待する。
posted by 富士川町議員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

富士川町議会28年度3月定例会の状況です

富士川町議会28年度3月定例会の状況をお知らせします。
3月14日一般質問を次のように行いました。27年度補正、28年度予算については議会だよりをご覧ください。
町政には、町民が「ともに知る、理解する、考える、創造していく」ような場づくりを!
みなが町の実情と将来について考え、意見して参加しましょう。

町民と合意を形成する努力を!
問 まちづくりの一環として町長が、町民に諮問する検討委員会において近年の公募状況は?
公募委員は町民の期待する行政を遂行していくため、町民の意見を行政に反映する役割もある。
庁舎整備検討委員会 募集5名程度 公募委員2名 総数18名
公共施設再配置計画策定検討委員会  10名程度     3名   24名
*公募委員が少なくて残念。積極的に応募できないと、町民の声が小さくなることも懸念する。

問 庁舎問題については、利便性、公平性。地域性についての検討と、一方町民に負担を生じることに
ついても、理解と合意ができるよう、対応していくべき。
     多額の財源も必要となり、また、地域性にもかかわる重要課題です。
町民が会議内容を得られると、意見と経過について理解でき風通しがよくなり、町民の関心が高まる。
情報を適時に公開し町民と共有化して、合意形成を得られるように努められないか?
答 今後は、公募の実施にあたっては、周知方法や参加しやすい条件を検討していく。

問 町民に対して委員会の情報を即座に公開して町民がともに検討していけるような意工夫しているか?
答 町の将来にかかわる重要問題であり、町民の関心が高いことを踏まえ、次回から公開する。
また、検討資料や検討内容については、ホームページや総務課窓口において公開する。

以下、4月7日まで一般質問の状況をお知らせします。
町内の方には、「町議レポ第9号」を折込みチラシしております。
posted by 富士川町議員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

ますほ児童センターが移転を強いられています。

ますほ児童センターがリニアルート上になるので移転を強いられています。
小学校から800mあり、放課後に、児童クラブの子どもたち80数名が行儀よく並んで、勉強と遊びのために移動しています。
こどもたちの安全と親御さんたちの安心のために、小学校内や、もっと近いところを保護者も希望しています。
学童クラブが1F、18歳まで利用できる児童センターが2Fにあり、今後検討する適地は、「より近くて安全安心のところ」を第一に検討するべきです。
これから、就労したい保護者も増えてくるので、利用者は増えます。
「利用者の立場に立って適地を考えるべきで、十分慎重に検討するべき」と議会では、関連する予算の計上修正を提案しました。
町内の皆様には、今夜28日(月)19時にますほ児童センターで、「第3回検討委員会」が行われます。
傍聴もできますので、どうぞお気軽にお出かけください
富士川町議 川口正満
posted by 富士川町議員 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

あさが来るを見て、国会のカイカクを!

何でダス?
国会議員は率先垂範できんのだすか?
「身を切る改革」をどれほどしたのかな?
議員を減らさないで、いつまで違法状態だすか?
歳費や活動費を減らして、歳出を抑えませんか?

自分たちの改革だからすぐにもできんのだすか?
どうしてそんなにごゆっくり? 
何でダス?

財源が厳しいこと十分わかってるでしょう
国民が不安を感じないよう予算を公正に配分できんのだすか?
行政改革を着手実行できんのだすか?
「身を守る」のが続くんだすか?
何でダス?
posted by 富士川町議員 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

検討委員会などの透明性、公開性

昨日一般質問で、検討委員会などの透明性、公開性について取り上げて、情報を即時開示するよう求めました。
町当局から、「今後は検討委員会を公開して傍聴できるようにする、議事内容をその都度公開して町民に情報を開示していく」と答弁ありました。
今後は、他の先進的な市町と同じように、「町長の諮問機関を公開するので、町民との適時に情報共有」が具体化します。
町民が委員会内容を速やかに情報を得られると、「討議された内容と経過を理解でき、風通しが良くなり、町を挙げて関心が高まります」
これまでは町の情報公開の姿勢が及び腰で、遅い対応でした。
今後は、「開かれた町政」が実行され、町民とともに考え、意見する、また町づくりに参画して協働する取り組みの機運が高まることを期待しています。
posted by 富士川町議員 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする