2017年07月15日

富士川町議会 一般質問 若年層の移住定住の具体化を

若年層の移住定住の具体化を 検討された状況は?
答 移住者の実態を把握するため、移住者にアンケートしている。
 移住者の声を聴き、移住・定住対策の参考とする。
 移住者が富士川町を選んだ理由は、「子育て環境・教育環境や気候・自然環境」が上位であった。
 また、移住後の住居や職業などを調査している。
 
☆移住者から、町の良さや要望を聞く中で、県外の仲間たちにも、富士川町についてPRしてもらい、移住や
 来町のお誘いに協力してもらうなど、まちづくりに参加できる機会を大いに設けるよう努めて欲しい。
☆地域を活性化するために、若者、よそ者、馬鹿者が必要と言われて久しい。
 新しい仲間たちとともに、新しい地域づくりを行なえるように、柔軟で果敢な町政運営が求められる。
☆新しい風や流れを創れるように、ともに知恵出し、汗を出せるかどうかが、各地域に試されている。
posted by 富士川町議員 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック