2017年07月13日

町議レポ14号 高齢者にやさしい町政を!

高齢者にやさしい町政を!
町内の高齢者は、3人に1人となり、町民の総意や、町民対話集会などでも、「支え合いなどの地域のつながりに期待する」との声も多い。
第二次総合計画を来年度4月から実施されるので、集会などに参加できない高齢者の声を吸い上げ、買い物の不便を解消する対策などを盛り込むべきだ。

平成29年4月、高齢化率32.3%、高齢者のうち、独居12.9%、高齢者世帯8.6%。山間地では高齢化率40%程になっている。
特に、独居高齢者の男性が近隣との交流が少ないので、更に対策を講じる必要性が高い。

町は、ひとり暮らしの方が孤立しないよう、また健康で生活できるように取り組んでいる。
地域の中の見守り支援や地域活動への参加を促し、生活などへの支援を推進している。

高齢社会の中で、一人一人が、何とかかんとか前向きに対応しなければと、意識と行動を変えていかなければ!
posted by 富士川町議員 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック