2017年03月17日

リニア計画の沿線を大学生などが視察に

他県の大学生や先生が20日(月)に山梨県内の実情を見学に来ます。
・笛吹市では実験線の日照被害の実情について、
・中央市の駅舎予定地と、立木トラストの活動について、
・南アルプス市宮沢区では地区を挙げて不安と危惧を感じている状況について、
富士川町のトンネル出入口の予定地にて、高架橋やトンネルによる影響 などについて
関係者が説明します。
その後、早川町のトンネル掘削口まで意欲的に視察する予定です。
大学生もリニア問題の大きさを認識して、自分の目で見て、足で訪ねて「知ろう、聴こう、判断しなければ」と動き出しました。
沿線各地の自治体では、大きな影響が日毎に県民に迫っていて、住民の不安や苦痛が増しています。
夢のリニアでなく、リニアついては、知れば知るほど問題点と影響の大きさが分かってきます。
「対岸の火」、「知らぬが仏」でなく、地域や子々孫々の将来のためにも、
「リニアの何たるかを知る、そしてその社会的、将来的な価値について判断される」ようにお勧めします。

posted by 富士川町議員 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック