2016年09月26日

リニア行政訴訟の今後

9月23日の国土交通省を告発している初公判の意見陳述書が印刷して読めますよ。
リニアの危険性と自然環境の破壊、国民や地方経済について被害をもたらすことについてもっと知りましょう。
今後、2か月に一度東京高等裁判所で公判が行われます。
国会とマスコミでようやく、取り上げ始めました。
今までは、国土交通省が民間事業だからと情報開示を抑えてきましたが。

「知らぬが仏」では、子々孫々に多大な迷惑、負担を掛けることになります。
各地で、勉強会を行い、「リニア危険いっぱい、乗らん、要らん」を広めましょう

街中プラザ「いきいき村」にもお立ち寄りください

posted by 富士川町議員 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

9月議会で、一般質問

9月12日(月)富士川町9月議会で、一般質問を行います。
4番なので、午後1時半から2時頃になる予定です。
町内の皆様、ご家族にもお伝えいただきご都合ついたら傍聴にお出かけください。
質問事項は次の3項目で、いつもの通り30分持ち時間をフル活用します。
1. 町づくりの町民参加の促進について
2. 富士川町第2次高齢者福祉計画、第6期介護保険事業計画について
3 リニア高架橋と側道の計画説明会の不安や質問について

お待ちしております。
川口正満
街中プラザ「いきいき村」にもお立ち寄りください

posted by 富士川町議員 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

原発とリニアの酷似性

原発とリニアは、国策民営事業ですが、実態は酷似していますね。、
原発とリニアは、危険性と、国民の不安、懸念が大きく、事業者が「不都合な真実」を隠し続けていることも酷似しています。
「未知の危険性」による危惧感説にもとづき、リニア訴訟でも、愚策な国策民営事業を止められる!と社会に強く訴えるべきと痛感しています。皆様からご意見もいただきたいです。

1 「未知の危険性」が国民に不安、危惧を蔓延。許されざる危険が共通です
1)原発: 多数の人の生存を脅かす
・あの福島原発の大きな被害は、決して忘れられず、許されない人為的な災害
・科学技術への過信による「安全神話」とされて、3.11まで政治家も国民も騙されていた
・人々の「安全安心」の希求と健康と生活を守らなければならない。
・地域住民の人格権、生存権を脅かしている
・放射能廃棄物を適正に処理できず、原発被災地を「戻れない、住めない町」にしてしまった。
・廃炉の適正な処理方法、場所、費用について国民に情報を開示する義務を果たしていない

原発が立地する各地において、また国民の多くが原発に対して不安、懸念、危惧、怖れを抱いています。
リニアについても、同じようなリスクが盛りだくさんです。明日は、リニアについて述べます。
人々が元気にふれあいできるように!
街中プラザ「いきいき村」にもお立ちよりください
posted by 富士川町議員 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする